ブログタイトル

【外壁塗装】屋根塗装は本当に必要?

「屋根塗装は必要ないんじゃない?」
「屋根は見えないし大丈夫でしょ」
など、屋根塗装は必要ないと思っている方はたくさんいらっしゃいます。
事実、屋根の種類によっては塗装が必要ない場合や、屋根の劣化の進行具合によって※もう“塗装の必要はない”という場合があります。
※塗装でメンテナンスできる時期を過ぎていて、塗装以外のメンテナンスが必要(カバー工法や葺き替え)

《塗装が必要のない屋根》
『陶器瓦』『粘土瓦(ゆう薬瓦・いぶし瓦)』
屋根の種類が「陶器瓦」と「粘土瓦」の場合、塗装によるメンテナンスは必要はありません。
お住いの屋根の種類が分からない場合は、お住い購入時の資料等を確認するか、塗装業者のプロに診てもらう方法もあります。

《塗装が必要な屋根》
(塗装時期は、一般的に屋根を施工(設置)してから10年前後)
「陶器瓦」と「粘土瓦」以外の屋根は、基本的に塗装が必要です。
塗装によるメンテナンスで、屋根を長持ちさせることができます。
※屋根の劣化が大きく進行している場合、屋根塗装ではなく“カバー工法”や“葺き替え”という方法でメンテナンスする必要があります。

【カバー工法】が必要な3つの理由とメリット・デメリット

【屋根塗装をする理由】
屋根にもちゃんとした役割が大きく分けて3つあります。
・美観
・保護
・機能性

〈美観〉
屋根だからといっても見た目は大事です。
外壁だけ塗装して、屋根は塗装しなかったら、カビや苔等の汚れが目立ってしまう可能性があります。

〈保護〉
雨・風・雪・紫外線などからお家を守っています。
また、屋根材や防水シート、野地板もあるので、それらを守っています。

〈機能性〉
塗料によって変わりますが、遮熱性、断熱性、抗菌性、防水性などを高める事ができます。

⚠屋根塗装をせずに放置していると…
●雨漏り
劣化している部分から雨水が侵入し、雨漏りしやすくなります。
そうなると屋根以外の修繕も必要になってくる可能性があります。

●破損しやすくなる
強風で屋根が破損し、それが原因で雨漏りの可能性があります。
また、近隣等に屋根材が飛んでいく危険性もあります。

●建物全体が劣化してしまう
屋根は直接、雨などの影響を受けています。
放置すると建物自体の強度がなくなって湿度が上がりシロアリ発生の原因になります。

●余計な費用がかかる
劣化を放置すると塗装ができなくなり、カバー工法や葺き替え(交換)が必要になります。
※屋根材によって塗装してはいけない種類もあり、劣化じゃなくてもカバー工法や葺き替え(交換)が必要な場合があります。

~こんな劣化症状があったら塗装が必要~
●ひび割れ  写真
●欠け
●カビ・苔・藻
●旧塗膜の膨れ・剥がれ
などの劣化症状があれば塗装によるメンテナンスが必要です。
※屋根の劣化が大きく進行している場合、屋根塗装ではなく“カバー工法”や“葺き替え”という方法でメンテナンスする必要があります。

【カバー工法】が必要な3つの理由とメリット・デメリット

~まとめ~
屋根塗装は、必要な屋根と必要ない屋根があります。
屋根にもちゃんとした役割があり、劣化が大きく進行すると建物自体が劣化してしまう可能性も。
また、多くの方は外壁塗装と同時に屋根も一緒に塗装してします。

【外壁塗装】外壁塗装と屋根塗装って同時にするべき?

弊社では、お見積り前には必ずお家の健康状態の診断をしています。
屋根はドローンで空中から撮影、外壁はビデオで撮影しお客様にDVDをお渡ししております。
そのDVDには、外壁劣化診断士が状況を”音声で解説”していますので、大変分かりやすいです。

三重県松阪市で外壁塗装・屋根塗装をお考えの方や
カーポート、門扉フェンス、お庭等の外構工事、トイレ、ユニットバス、キッチン、洗面所の水廻りの修理やリフォームなどでお困り事がある方は、お気軽に弊社までご相談下さい。
【あなたの大切な住まいの健康を守ります】
松阪市 川井町 865-17
平成町 19-5
アドバンスモール内 田村町235-1
㈱パワープロ住健/プロタイムズ松阪店
TEL:0598-21-0001

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!