ブログタイトル

【外壁塗装】塗装工事の流れってどんな感じ?(ご依頼から工事完工までの流れ)

外壁塗装を検討している方の中には、
「塗装工事の流れを把握しときたい」
「どんな工事なんだろう」
「だいたいどれくらい時間かかるのかな?」
と気になっている方がいると思います。
今回は、『外壁塗装工事の流れ』をご紹介します。

~契約前~
①お客様からの依頼
②現地調査
③現地調査の報告(見積書のご確認)

~契約後~
④色の打ち合わせ
⑤工事開始(足場設置)前の近隣挨拶
⑥足場設置
⑦高圧洗浄
⑧下地処理
⑨養生
⑩下塗り
⑪中塗り&上塗り
⑫養生取り外し
⑬完了検査
⑭足場解体前の近隣挨拶
⑮足場解体・清掃
⑯完成!

【①ご依頼~③報告見積書】
外壁塗装のご依頼後、お客様とのご都合を合わせて現地調査をし、後日、報告見積書をご確認いただきます。
現地調査についての記事は、こちらをご覧下さい。

【外壁塗装】調査ってどんなことするの?

【④色の打ち合わせ】
塗料の発注などがあるので、工事が始まる5日前には外壁の色決めていただきます。
弊社ではカラーコーディネーター在籍中で、画面上でのシミュレーションもしています。
他にも、弊社で塗り終えたお家の色を実際に見ることができるので、色選びで迷っている方はぜひご相談下さい。

【外壁塗装】色選びで失敗しないために!8つのポイントをご紹介

【⑤工事開始(足場設置)前の近隣挨拶】
外壁塗装工事を開始する前に、近隣住民の方へご挨拶させていただきます。
足場設置の際の大きな金属音や、業者の車や人の出入り等でご迷惑をかけてしまいますので、
近隣の方々とトラブルにならないように、事前に説明をさせていただきます。

【外壁塗装】ご近所トラブルを回避!近隣への挨拶はどうしたらいい?

外壁塗装の近隣トラブルについて

【⑥足場設置】
足場設置の前に、塗装作業の障害になりそうなモノはすべて移動してもらう必要があります。
業者が勝手に移動させてしまうと、トラブルの原因になってしまう可能性があるので、基本的に施主様のご協力が必要です。
外壁塗装は高所の作業もあるので、基本的にお住いの周りに足場を設置します。
足場設置には大きな金属音がしますので、気になりそうな方は、その時間帯だけ外出するのをオススメします。
※ちなみに、足場組立には国家資格が必要です。

【外壁塗装】足場は本当に必要?足場代無料に注意!知っておきたい足場必要の理由!

【⑦高圧洗浄】
塗装前に、外壁に付着している汚れ(埃、苔、カビ、剥がれかけた旧塗膜)を高圧洗浄機を使って洗浄します。
別ブログで高圧洗浄について記載してありますので、そちらもご覧下さい。

【外壁塗装】外壁塗装の高圧洗浄って本当に必要なの?

【⑧下地処理】
下地処理とは、ひび割れや錆などの劣化部分を補修することです。
塗装するにあたって、この下地処理は非常に重要となります。

【外壁塗装】ケレンってなんのこと?それって必要?

【外壁塗装】外壁のコーキングがひび割れしてる!放置するとどうなる?

【⑨養生】
塗装する前に必ず行う養生。
養生とは、塗らない箇所に塗料が付かないように養生シートなどで覆うことです。
養生をすると窓の開閉ができないので、開閉したい窓があれば事前に担当者や業者に伝えて下さい。
※⑧、⑨は補修内容や場所によって順番が入れ替わります。

【外壁塗装】で必要な『養生(ようじょう)』とは?

【外壁塗装】塗装中、窓を開けても大丈夫?

【⑩下塗り】
下塗りの塗料は、塗る面と上塗り塗料の接着剤のような役割をしています。

【⑪中塗り&上塗り】
中塗り&上塗りは仕上げの工程になります。
塗料にはそれぞれ決まった乾燥時間があります。
乾燥時間を置かず、下塗りが乾かないうちに中塗りをしてしまうと施工不良につながる恐れがあります。(上塗りも同様)
弊社は、1日1工程で作業を進めています。
※下塗り~上塗りの工程の中に、付帯部分の塗装もしています。

【外壁塗装】どうして下塗り・中塗り・上塗りと3回も塗るの?

【外壁塗装】塗料が完全に乾燥するまでに注意しよう!

【外壁塗装】付帯部ってどこの部分?塗装しなきゃダメ?

【⑫養生取り外し】
塗装前に行った養生を、全て取り外します。

【⑬完了検査】
全ての塗装工事が完了した後に、完了検査(最終チェック)を行います。
塗り残しはないか、仕上がりの状態はどうか、周囲に塗料が飛散していないかなどを細かくチェックします。
この完了検査は、施主様の立ち合いと一緒に行います。
担当者(業者)と一緒にチェックをして、気になる箇所があれば伝えて下さい。
もし立ち会えなかった場合、引き渡し後に気になる箇所があっても、完了検査の後には足場を解体してしまう為、
対応までに時間がかかってしまうことがあるので、立ち合うことをオススメします。

【⑭足場解体前の近隣挨拶】
完了検査のあと足場を解体する前日に、工事前同様、近隣住民の方へご挨拶させていただきます。

【⑮足場解体・清掃】
足場解体でも大きな音がするので、その時間帯だけ外出するのをオススメします。
解体後、塗装業者が道具等を片付けて、清掃します。

【⑯完成!】
塗装工事が終わりましたら、完了報告書(保証書など)をお渡しします。

~最後に~
具体的にいつ・どんな工事をするか知りたい方は、工事スケジュール(工事工程表)をもらうことをオススメします。
外壁塗装工事にかかる期間としては、足場設置から1日工程で行います。
順調にいけば2週間ほどで終わりますが、注意してほしいのは、天候によって大きく左右されるということです。
雨の日はもちろん、風が強かったり、気温が低すぎたりすると作業はできません。
また、外壁塗装期間が大幅に早くなることもありません。
作業のスピードを上げたところで、次の工程に進めないからです。
もしそういったことがあれば、塗装後はキレイに仕上がって見えても数年で劣化してしまいます。

弊社では、お見積り前には必ずお家の健康状態の診断をしています。
屋根はドローンで空中から撮影、外壁はビデオで撮影しお客様にDVDをお渡ししております。
そのDVDには、外壁劣化診断士が状況を”音声で解説”していますので、大変分かりやすいです。

三重県松阪市で外壁塗装・屋根塗装をお考えの方や
カーポート、門扉フェンス、お庭等の外構工事、トイレ、ユニットバス、キッチン、
洗面所の水廻りの修理やリフォームなどでお困り事がある方は、お気軽に弊社までご相談下さい。
【あなたの大切な住まいの健康を守ります】
松阪市 川井町 865-17
平成町 19-5
アドバンスモール内 田村町235-1
㈱パワープロ住健/プロタイムズ松阪店
TEL:0598-21-0001

【外壁塗装】で必要な『養生(ようじょう)』とは?

外壁塗装を依頼すると、見積もりや工事の説明に“養生”という言葉がでてきます。
この養生とは、外壁塗装をする際に
“塗装する箇所以外に塗料が付着しないようにビニール等でカバーする”
ことです。
塗料は液体なので塗装する際に周りに飛散してしまいます。
建物全体は足場を組んで飛散防止ネットで覆い、窓枠や玄関など塗らない箇所はビニール等を使って覆います。
この養生の作業を丁寧に行わなかったり、養生テープの貼り方が適当だったら、養生を外した後の「テープと塗装した箇所の境目」が歪んでしまい、見栄えが悪くなってしまいます。
養生を丁寧にすることによって、境目がまっすぐキレイに仕上がるので、養生という作業で塗装の出来を左右するといっても過言ではありません。

『養生はどこの部分にするの?』
養生はいろいろな箇所で使用されます。
塗料の付着、飛散が予測できる範囲はすべて養生します。

●付帯物・小物(樋、インターホン、郵便受け、表札など


↑ 樋

↑ インターホン
樋や小物などの細かな部分も、ビニールやテープでしっかり養生します。
郵便受けは、郵便受け周辺の塗装をする場合に養生が必要です。

●玄関周り

玄関前の床には、※ノンスリップシート等を使用し、人が歩く際に引っかかったり滑ったりしないように養生します。
(ドアは開閉できるように養生してあります。)
※ノンスリップシートとは、水が濡れやすい場所などによく使われているシート状の床材のことです。

●窓周り

基本、窓は塗装中は開閉できません。
どうしても開けたい場合は、事前に担当者や職人に伝えて下さい。

【外壁塗装】塗装中、窓を開けても大丈夫?

●室外機・給湯器など

室外機や給湯器などの養生は、給気口を塞がない専用のカバーやメッシュカバーで覆うことによって、通常どおりエアコンを使用することができます。
ただ、業者によってはビニールで覆うこともあるので、その場合は事前にエアコンの使用を伝えておかないと故障の原因になります。

【外壁塗装】エアコンの室外機ってどうするの?

上記以外にも、植物や花壇にも養生することはできますが、プランターなど移動できるものは、事前に移動をお願いしております。

車も1台まるごと養生する専用のカバーがあります。
ただ、こてらも移動をお願いするタイミングがあるので、その場合は移動をお願いしております。

【外壁塗装】外壁塗装する時、車はどうしたらいい?

『養生中も快適に過ごすためには?』
開閉したい窓は事前に相談して下さい。
基本すべての窓を養生するため、開けることはできません。
しかし、どうしても換気したいという方もみえるので
その際は事前に、担当者や業者に伝えて下さい。
別ブログで、外壁塗装中の窓に関して記載していますので参考にして下さい。

【外壁塗装】塗装中、窓を開けても大丈夫?

【外壁塗装】塗装工事中に感じるストレスの原因と対策!

養生は、下地処理後から足場解体前まで必須です。
養生中でも、ストレスなく過ごしていただければと思います。

弊社では、お見積り前には必ずお家の健康状態の診断をしています。
屋根はドローンで空中から撮影、外壁はビデオで撮影しお客様にDVDをお渡ししております。
そのDVDには、外壁劣化診断士が状況を”音声で解説”していますので、大変分かりやすいです。

三重県松阪市で外壁塗装・屋根塗装をお考えの方や
カーポート、門扉フェンス、お庭等の外構工事、トイレ、ユニットバス、キッチン、洗面所の水廻りの修理やリフォームなどでお困り事がある方は、お気軽に弊社までご相談下さい。
【あなたの大切な住まいの健康を守ります】
松阪市 川井町 865-17
平成町 19-5
アドバンスモール内 田村町235-1
㈱パワープロ住健/プロタイムズ松阪店
TEL:0598-21-0001

【外壁塗装】雨樋って塗装できる?それとも交換?

外壁塗装や屋根塗装に比べると、雨樋塗装はどうしても軽視されがちです。
メンテナンスをするにしても、塗装なのか交換しなきゃいけないのか分からない。
せっかく外壁塗装でキレイにしても、雨樋がボロボロだったら悪目立ちしてしまいます。

《雨樋塗装の目的と効果》
●雨樋塗装の目的の多くは“美観”を良くするためです。
その他には、業者に進められて一緒に塗装する場合です。
雨樋自体の耐久性は20年~25年ですが、塗装部分は8~10年程度で剥がれや退色等の症状が発生します。
そのため、雨樋の寿命より先に塗装部分の劣化症状が出て、雨樋だけが悪目立ちしてしまいます。
劣化症状にもよりますが、塗装部分の劣化症状なら再び塗装することによって、新品のような外見にすることができます。
また、外観にアクセントを出し、スタイリッシュな印象やオシャレな印象を与えることができます。

●雨樋を塗装することによって、機能性(防水性・耐久性)が上がり劣化進行を少し遅らせれます。
雨樋の一番の役割は、屋根から落ちてくる雨水を一箇所に集め、効率よく地面に排水することです。
雨樋を塗装することで、機能性が上がり、雨樋自体の劣化進行速度を遅らせることができます。
弊社では、シリコン系やフッ素系の塗料をご希望の方が多いです。

《経年劣化で破損した雨樋は交換》
雨樋も劣化するとチョーキングや塗装の剥がれが発生します。
ひどい状態だと、ひび割れや破損で穴が空いたりすることもあります。
そうなってしまった場合、塗装では修繕が不可能なので交換する必要があります。

~まとめ~
雨樋は「塗装」か「交換」かは施主様の判断に委ねられます。
多くの方が外壁塗装と一緒に、雨樋など付帯部分の塗装もする方がいらっしゃいます。

【外壁塗装】付帯部ってどこの部分?塗装しなきゃダメ?

弊社では、お見積り前には必ずお家の健康状態の診断をしています。
屋根はドローンで空中から撮影、外壁はビデオで撮影しお客様にDVDをお渡ししております。
そのDVDには、外壁劣化診断士が状況を”音声で解説”していますので、大変分かりやすいです。

三重県松阪市で外壁塗装・屋根塗装をお考えの方や
カーポート、門扉フェンス、お庭等の外構工事、トイレ、ユニットバス、キッチン、
洗面所の水廻りの修理やリフォームなどでお困り事がある方は、お気軽に弊社までご相談下さい。
【あなたの大切な住まいの健康を守ります】
松阪市 川井町 865-17
平成町 19-5
アドバンスモール内 田村町235-1
㈱パワープロ住健/プロタイムズ松阪店
TEL:0598-21-0001

1 / 1412345...10...最後 »

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!